会社案内

社長メッセージ

私ども大栄産業株式会社は、梓川の源流となる槍ヶ岳・穂高岳の麓に拠点を構え、今日まで順調なる発展を遂げてまいりました。

木材加工事業から始まった業務も、環境事業までその内容を広げ、それぞれの分野で厚いご信頼を築いております。

皆様もご存知の様に、現在の産業界は、技術・品質のみならず、そこに多くの付加価値を加えることで初めて企業努力が評価される時代であります。その付加価値を生み出す力は、最新設備はもちろんのこと、業界に集う社員一人一人の情熱と意欲に他なりません。

当社では、これから真のニーズに高度にお応えする為にも、お客様に喜ばれる製品作りを目指し、社員一丸となって努力して参る所存であります。

加えて、自社のみの発展を期するばかりではなく、地域貢献し、地域と共に繁栄を分かち合える企業であり続けて参ります。

どうぞ、今後とも変わらぬご支援・ご鞭撻の程を宜しくお願い申し上げます。

代表取締役
藤本 博史
代表取締役 藤本 博史

経営理念

わが社は、社員一丸となってお客様に喜ばれる製品作りを目指し、環境保全に努め、地域住民と共に繁栄し、豊かな社会作りに貢献することを目的とする
そのために

  1. お客様に感謝されること
  2. 会社が永遠に発展すること(適正な利益を得ること)
  3. 社員が長く勤められること
  4. 時流に合わせ、会社も社員も共に変革すること

が大切である

平成30年度 経営方針

我々を取り巻く経済・環境面は、グローバル化の中で、大きく変革しています。もう一度原点を見つめ、素直になり、スピードをもって全ての事に挑戦し、会社も社員の皆さんもこの時代に合った変革をし、共にハッピーという目的地を目指しましょう。

  1. お客様の視点に立った社風づくり
    • ①感謝の気持ちを持ち、お客様に接する
    • ②お客様に対して出来ないというのではなく、出来る方法を考える
    • ③お客様の求めていることを察知し、期待以上の製品を納品する
    • ④教育を通じ全社員の能力向上を図る
  2. 売上高10%UP、各部門の営業利益率8%確保
    • ①既存の分野の中で業務拡大、新規事業への進出
    • ②公共・電力関連・民間の仕事受注の拡大
    • ③強い会社作り(TK活動)の推進
      • ‐各部門の原価管理を徹底
      • ‐打合せ及び指示の徹底
      • ‐報告・連絡・相談の徹底
      • ‐社内業務における多能工の育成
      • ‐常に向上心を持って、一歩踏み込んだ行動
  3. 各部門の一体化を通じ、より一層の連帯感を持ち強くなろう
    • ①出社・退社時の挨拶
    • ②円滑なコミュニケーションを通じ、サポート体制を強化する

平成30年度 方針(環境・安全・品質)

環境方針

大栄産業株式会社は、事業活動(収集運搬・中間処理)より生ずる環境問題に積極的に取り組み、環境負荷を低減し、資源の有効活用を行い、より良い社会環境作りを目指します。

  1. 騒音・粉塵等の環境負荷の低減に努めます。
  2. 会社周辺の清掃活動、環境ボランティアへの積極的な活動の継続をします。
  3. 地域社会・地域住民との共生を図ります。
  4. 関連する法規則・条例・協定等を遵守し、一般要求事項、その他の要求事項を守ります。
  5. 環境の目的・目標及び行動・汚染予防の定期的な見直しをし、マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
  6. 方針を文書化し、実行と維持の確認をし、全社員への周知徹底を図り、環境負荷低減活動を推進します。

安全方針

大栄産業株式会社は、安全で快適な職場環境を確保・維持するために次の活動を行います。

  1. 「安全は全てに優先する」のスローガンを基に、事故や災害の撲滅を目指します。
  2. 毎日の朝礼及び毎月の環境・安全・品質会議にて社員の安全意識の徹底を図ります。
  3. 安全に関する法令・当社の規律を遵守します。
  4. 安全マネジメントシステムを定期的に見直し、継続的改善を図ります。

品質方針

大栄産業株式会社は、お客様の満足を得られるように次の活動を行います。

  1. お客様との対話を大切に、お客様のニーズを追及します。
  2. 信用第一を目指し、何事にも誠実に対応します。
  3. 会社、地域の一員として社会的責任を自覚し、法令を遵守します。
  4. 品質マネジメントシステムを定期的に見直し、継続的改善を図ります。

環境目的・環境目標

環境方針を達成する為に、産業廃棄物処理に関わる環境事業部及び、関連部門が継続的に環境負荷の低減を図る事が出来るよう、推進していきます。

環境目標

  1. 騒音の低減に努めます。
  2. 排ガス(二酸化窒素)の低減に努めます。
  3. 粉塵の低減に努めます。
  4. 産業廃棄物の低減を推進する為、二次製品化を含めリサイクル化に努めます。
  5. 収集運搬・中間処理における燃料使用の低減に努めます。
  6. 環境美化及び、景観の向上に努めます。

会社概要

会社名 大栄産業株式会社
代表者 代表取締役 藤本 博史
所在地 〒390-1401 長野県松本市波田2951-37
TEL:0263-92-5051
FAX:0263-92-5809
E-Mail info@daieisgy.co.jp
設立 1947年7月(営業年数 70年)
資本金 3,000万円
取引銀行
  • 八十二銀行 波田支店
  • 長野県信用組合 松本西支店
従業員数 40名
役員等
  • 取締役 藤本 静枝
  • 取締役 藤本 美幸
  • 取締役 西牧 敬治
  • 取締役 佐々木 孝子
  • 取締役 藤本 隆史
  • 監査役 飯島 忠雄
事業内容
  • 木材防腐処理加工・木材生産販売
  • 土木・電気事業(一般土木・地中線工事)
  • 鋼材加工・産業廃棄物処理・一般貨物自動車運送事業
面積 敷地:9651.39㎡ 建物:1754.94㎡
設備等
解体設備
設置式コンクリート電柱破砕機
移動式コンクリート電柱破砕機
自走式クラッシャー
木材加工設備
木材皮剥機
円柱加工機
木材防腐処理施設
インサイジング加工機
産業車両
フォークリフト 8t・4t・3t
サイドローダー 2.5t
ホイールローダー 3.0㎥
パワーシャベル 0.7㎥ 2台
車両
大型自動車(超25t) 5台(許可車)
大型自動車(ダンプ9t) 1台(許可車)
普通自動車(4t) 2台(許可車)
普通自動車(ダンプ2t) 1台(許可車)
他の設備
地上式トラックスケール
バンドソー
産廃許可証
長野県
処分業許可証 第2024008286号(優良)
収集運搬業許可証 第2004008286号(優良)
山梨県
収集運搬業許可証 第01900008286号(優良)
群馬県
収集運搬業許可証 第01000008286号(優良)
静岡県
収集運搬業許可証 第02201008286号
愛知県
収集運搬業許可証 第02300008286号
三重県
収集運搬業許可証 第02400008286号
岐阜県
収集運搬業許可証 第02100008286号
新潟県
収集運搬業許可証 第01509008286号
主要取引会社様(敬称略)
  • NTT東日本㈱
  • 中部電力㈱
  • ㈱NTT-ME
  • 長野県・市町村・環境省
  • 長野県内土木会社
関連会社

沿革

1947年7月 大栄産業株式会社設立 資本金15万円
木材生産 木製品販売
1954年8月 中部電力株式会社の指定工場として木材防腐処理工場設立
注入電柱の納材を開始
1955年6月 北陸信越運輸局より特定貨物自動車運送業許可を受け、輸送開始
1956年10月 NTT(現NTT東日本)長野支店 登録業者となり注入電柱の納材開始
1964年5月 東京電力㈱ 登録業者となり注入電柱の納材開始
1965年6月 NTT(現NTT東日本)関東総支社 登録業者となり注入電柱の納材開始
1982年10月 松本市内より現住所に工場を移転
1982年11月 県知事より産業廃棄物収集運搬・処分業の許可を受ける
中部電力㈱・NTT(現NTT東日本)より長野県内の古コンクリート電柱処理・委託業務開始
1983年1月 精密部品の組立加工業を開始
1986年7月 建設業の許可を受け業務開始
2003年5月 環境ISO14001認証取得
2008年10月 鋼材事業部を開始
2014年4月 電気事業部を開始

組織図

組織図
組織図

経営財務

※当社は過去3年間赤字計上はございません

営業利益 経常利益 財務諸表
黒字 赤字 黒字 赤字
平成26年10月1日~平成27年9月30日 H27
平成27年10月1日~平成28年9月30日 H28
平成28年10月1日~平成29年9月30日 H29

アクセス

車を利用
長野自動車道 松本ICよりR158を上高地方面へ車で約15分
電車を利用
JR松本駅より 松本電鉄・新島々線「新島々駅(終点)」(乗車時間約30分)下車
新島々駅を背にして、R158沿いを右方向に徒歩約10分
Page Top